30代 陰茎 大きさ

30代男性に多い陰茎の悩み 大きさ?持続力?

男性は30代になると陰茎について悩むようになります

 

男も30代になると色んな悩みが出てきますよね。
体力だけで乗り切れた20代と違って、体力も衰えてきます。
それは精力減退として、セックスにダイレクトに現れてくる現実。。。

 

結婚している人はセックスも子供を作るために必要なものになってきます。
セックスも義務でするものになり、ただ楽しむだけのものでは無くなります。

 

「30代男性の性のリアルな悩み」
30代の男性のリアルな陰茎にまつわる悩みについて調べてみました。
以下某有名男性誌が行ったアンケートの結果です。

 

・勃起時の陰茎の硬さに自信がない 
・中折れするようになった
・陰茎が小さい
・早漏
・アルコールを飲むとイカなくなる
・セックス中に仕事のことがアタマをよぎって、最後までできない
・早くイッてしまった時の、相手の反応がそっけなくてつらい
・嫁に子供が欲しいと言われ、毎晩求められるが、体力がもたない

 

など、どの年齢にも共通する悩みである、早漏やサイズの問題に加えて、精力減退に悩む人が多いようです。
また、自分中心のセックスをしがちな20代と違って、相手のことを思いやる余裕ができる年齢になったということもあり、女性の反応に対しても敏感になっているようです。

 

 

ではその悩みを改善するために何かしているかというと、ほとんどの人が何もしていないようです。その理由としては、「年齢のせいだから何をしても無駄だ」という諦めがあるようです。

 

悩みを改善するために何かをしているという人については、ほとんどの人が食生活の改善や、健康食品(ドリンクやサプリメント)などを日常的に摂るなどしているようです。

 

 

「30代男性の性の悩みの解決策は?」
そこで大半の何も改善の努力をしていないという男性のために、解決策を提案したいと思います。

 

「陰茎の大きさの悩み」
陰茎の大きさについて悩むのは主に20代から30代が多いそうです。
この年代の男性のうち、半数以上は自分の陰茎が小さいと思っているという調査結果もあります。
悩みの深刻さの程度はありますが、みんな自分のサイズに自信がないのです。
参考程度ですが、日本人男性の陰茎の平均値は、勃起時13センチ、平常時8センチです。
実際にこの数値と比べてみて、どのくらいの差があるか、で対策も変わってくるかと思います。

 

確実に陰茎を大きくしたいなら、陰茎増大手術がおすすめです。
陰茎増大手術は値段も50万前後とかなり高額になりますが、手術をしたその日から、確実に大きさを実感できます。

 

カウンセリングや経過観察のために通院したり、手術後のダウンタイムが必要だったりしますが、値段に見合った効果は得られる方法です。

 

金額的にそこまで出せないのであれば、サプリメントやけん引器具を使うことがおすすめです。
サプリメントもけん引器具も即効性はありませんし、効果の出方には個人差があります。
半年試しても全然効果がないかもしれません。
そういった意味では、毎日継続することに意義を見出せなくなり、途中でやめてしまう人も多いようです。

 

サプリメントは効果があれば、有効成分の効能で、陰茎のサイズだけでなく、30代が悩み始める精力減退にも相乗効果が期待できます。
精子の量が増えたり、運動率が上がったりという効果もあります。

 

ですから、単純に陰茎が大きくなるという増大手術よりも、効果が高いかもしれませんね。
通院の必要もなく、毎日服用するだけですから、最も簡単な陰茎増大方法だと言えます。

 

けん引器具は一番お金のかからない方法です。
最初に器具を購入する時の費用だけで済みます。
けん引器具は、会社員の方は日中着けられないなどのデメリットはありますが、中には就寝中につけて寝るタイプもありますので、そういったものを利用するといいでしょう。

 

「精力減退の悩み」
精力減退に効果があるのは、サプリメントやドリンク剤です。
ドリンク剤は安いものだと、ブドウ糖とカフェインが主原料であることが多く、一時的に精神を興奮させることで、疲れがとれたと思わせるだけになってしまいます。
ドリンク剤を選ぶ時には、原料にそれらが使われていないことを確認するといいでしょう。
サプリメントは一般的にアミノ酸や、動物由来の成分が使用されていることが多く、継続して飲み続けることで、根本的な体質を改善し、精力増強することができます。

 

以上30代の陰茎についての悩みの解決策になります。
自分に合った方法を見つけるのに参考になればと思います。